前へ
次へ

SNSや掲示板で誹謗中傷されたら弁護士に相談

インターネットの発達によって世の中便利になった反面、様々なトラブルも発生しています。
インターネット掲示板やSNSで誹謗中傷されたり、個人情報を流されたり、著作権を侵害されたりなどで被害を受ける方が増えているのです。
しかしインターネットは匿名性が強く、相手も特定できなかったりサイトに連絡しても対応してくれないことが多いです。
また事実無根のデマを流されても、受け手の方は真に受けてしまうこともあるのです。
そこで警察に相談しても民事不介入の原則があるので、明らかに犯罪と立証できる証拠がないとなかなか動いてくれないのです。
そこでおすすめしたいのが、IT問題に詳しい弁護士事務所に相談してみることです。
IT問題に詳しい弁護士事務所なら、誹謗中傷や名誉棄損や風評被害といったインターネットトラブルを解決してくれます。
そして大事なことは事務所に相談する前に、できるだけのことをやっておくことです。
まず誹謗中傷された掲示板やサイトやSNSの運営者に削除依頼をして、それでも対応してもらえないなら事務所に連絡してみることです。
また中傷している文章をスクショしたり、プリントしたりして証拠保全しておくことで解決しやすくなります。
それからあまりに悪質な場合は犯人を特定して、裁判に持ち込むことも弁護士事務所なら可能です。
さらに被害が大きいときは相手に慰謝料を請求することもできます。
インターネットの誹謗中傷や名誉棄損や著作権の問題は、個人の方なら結婚や就職に重大な影響を与えますし、企業なら売上や存続の問題にまで発展していくことがあります。
そのためIT問題に詳しい弁護士事務所に早いうちに話してみて、被害を食い止めることです。
裁判外、裁判ともリーズナブルな価格で対応してくれる事務所が、たくさんあるので連絡してみることです。
ほとんどの事務所がメールや電話でも相談を受付しているので、忙しい方も大丈夫です。
また初回の面談が無料の事務所も多いです。

Page Top